【ゆうちょ銀行/郵便局引き落とし】時間はいつ?残高不足だと問題発生?

ゆうちょ銀行は毎営業日引き落としを行っていますが、何時に引き落とされるのか?あまり知られていません。

引き落とし日はカード会社や携帯会社が定めていますが、引き落とし時間はゆうちょ銀行に順次ます。

では、何時に引き落とされるのか?

当日入金でも間に合うのか?

残高不足を起こしてしまうとどうなるのか?

こういったことを詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

この記事の要約(一言まとめ)

  • ゆうちょ銀行の引き落としは一日2回行われる
  • 一回目は9時
  • 二回目は21時
  • 即時引き落としが行われる店舗もある
  • 当日入金でも引き落としに間に合う

ゆうちょ銀行/郵便局の引き落とし時間は何時(いつ)?

ゆうちょ銀行は金融機関でも珍しく、引き落とし時間が決まっています。

他の金融機関(みずほ・三井住友・三菱UFJ)はおおまかな引き落とし時間になっていますが、ゆうちょ銀行は明確です。

では、ゆうちょの引き落としは何時に行われるのか?というと、

  • 1回目:9時
  • 2回目:21時

このようになっています。

店舗ごとに多少前後することもありますが、9時・21時の一日2回引き落としが行われます。

ゆうちょ銀行の引き落とし時間
1回目 9時
2回目 21時

これなら、当日入金でも間に合いますね。

朝一に入金すれば9時の引き落としに間に合いますし、それ以降に入金しても21時の引き落としに間に合います。

もし前日までに入金できなかったら、引き落とし当日に入金しましょう。

念のため、できるだけ早い時間帯に入金した方が安心できますよ。

ゆうちょ銀行の引き落としは土日でも行われる?

土日祝日はゆうちょ銀行が休業日となっています。

窓口の営業はもちろん、各種手続きも行われません。

そのため、クレジットカードや携帯代の引き落としも行われません。

そして、翌営業日(平日)に引き落としが行われます。

例えば、引き落とし日が27日だとしましょう。

27日が土曜日だとしたら、翌営業日の29日(月曜日)に引き落としが行われます。

スポンサーリンク

ゆうちょ銀行/郵便局の引き落とし時間が店舗ごとに異なる理由3つ

同じゆうちょ銀行でも、本支店(店舗)ごとに若干のズレが生じます。

9時・21時ピッタリではなく、数分のズレが生じることがあるんです。

これには理由が3つあります。

1.利用者数の違い

ゆうちょ銀行(郵便局)の店舗は、全国に24,000以上あります。

金融機関の中ではダントツの数。

店舗ごとに利用者数(契約者数)が異なるので、それに伴い引き落とし時間にもズレが生じます。

2.引き落とし件数の違い

利用者数が異なる=引き落とし件数も異なるということ。

引き落とし件数が多い店舗ほど、引き落とし時間にもズレが生じやすいです。

とはいえ、当日入金でも引き落としに間に合いますから、その点は心配しなくて大丈夫です。

3.引き落とし順の違い

利用代金の引き落としには順番があります。

例えばゆうちょ銀行(郵便局)であれば、自社に関連する代金を優先して引き落とします。

クレジットカード(JP BANK カード)、デビットカード(mijika Visaデビットカード)など。

引き落としの順番については、明細を見れば確認できます。

上にある明細=早く引き落とされた代金です。

ゆうちょ銀行の引き落としが行われる時間帯(タイミング)を3つご紹介

ここまでのおさらいになりますが、ゆうちょ銀行(郵便局)の引き落としが行われるタイミングは、基本的に2つ。

それに加え、店舗によっては「即時引き落とし」が行われることもあります。

そのことも踏まえ、詳細を見ていきましょう。

一回目の引き落としは9時〜順次

ゆうちょ銀行(郵便局)は、毎営業日引き落としを行っています。

引き落とし日は収納企業ごとに異なりますが、引き落とし日の9時に一回目の処理が行われます。

このタイミングで残高不足を起こしていると、二回目の引き落としに持ち越されます。

二回目の引き落としは21〜順次

一回目(9時)に引き落としができなかった場合、二回目の引き落としが21時に行われます。

21時までに入金すれば、当日中の引き落としに間に合います。

もし21時の引き落としに間に合わないと「遅延(滞納)」という扱いになり、各種ペナルティが生じる恐れがあります。

遅延してしまった場合は、収納企業(カード会社・携帯会社など)に連絡してください。

即時引き落としが行われる店舗もある

即時引き落とし=引き落とし額に達した時点で、即時引き落としが行われます。

取引店が即時引き落としに対応しているかどうかは、取引店までお問い合わせください。
▶▶ゆうちょ銀行(郵便局)の店舗一覧

スポンサーリンク

ゆうちょ銀行の引き落としは当日入金でも間に合う?

ゆうちょ銀行の引き落としは、当日入金でも間に合います。

一回目は9時、二回目は21時に引き落としが行われるので、これまでに入金すれば大丈夫。

ただし、コンビニATMから入金する時は要注意。

というのも、コンビニATMから入金するとタイムラグが生じる可能性があるからです。

タイムラグとは?入金が反映されるまでに時間がかかること

なので、当日入金する時は時間に余裕を持った方が安心。

朝一〜お昼までに入金するのが理想ですが、遅くても20時とか20時30分までに入金しましょう。

ゆうちょ銀行の引き落としに間に合わない時はどうすればいい?

ゆうちょ銀行の引き落としに間に合わない時は、収納企業に連絡をしてください。

収納企業=クレジットカード会社・携帯会社など。

収納企業に電話をしたら、オペレーターに「引き落としが間に合わない旨」を正直に伝えましょう。

真摯に対応すれば、収納企業のオペレーターも親身になって対応してくれます。

今すぐ支払うことが厳しい(金銭的に厳しい)場合は、そのことも正直に伝え、支払いについて相談を進めましょう。

ゆうちょ銀行の引き落としに間に合わなかった時の対処法(支払い方法)

当日入金が間に合わず残高不足を起こしてしまった。

これだと引き落としが行われず、遅延(滞納)として扱われてしまいます。

その結果、各種ペナルティが生じる恐れも。

もし遅延してしまったら、すぐ収納企業に連絡してください。

連絡を怠っていると、収納企業から催促が届く可能性があるからです。

そして、収納企業に連絡したら、オペレーターの案内に従い支払いを済ませましょう。

支払い方法としては主に3つあります、

再引き落とし

携帯会社・クレジットカード会社の中には、再引き落としに対応しているところもあります。

携帯会社はdocomoのみ再引き落としに対応。

クレジットカード会社は再引き落としの有無やスケジュールが異なります。

なので、各クレジットカード会社までお問い合わせください。

振込

再引き落としに対応していない場合は、振込で支払うことになります。

振込先の口座については、収納企業までお問い合わせください。

コンビニ・銀行窓口で支払い

収納企業への連絡を怠っていると、催促ハガキが届くことがあります。

催促ハガキが届いた場合は、コンビニや銀行窓口で支払うことも可能。

ですが、遅延損害金(延滞金)の支払いも発生するので、催促ハガキが届く前に支払いを済ませた方がいいです。

スポンサーリンク

ゆうちょ銀行(郵便局)の引き落としが間に合わなかった時の連絡先

残高不足を起こして引き落としができなかった時は、収納企業に連絡する必要があります。

そこで、クレジットカード会社(一部)・携帯会社・ゆうちょ銀行の連絡先をまとめました。

ぜひ参考にしてください。

クレジットカードの引き落としに間に合わなかった時の連絡先

カード会社 連絡先 電話番号
楽天カード コンタクトセンター 0570-66-6910
イオンカード コールセンター 0570-071-090
三井住友カード 総合インフォメーション
(FURYOUデスク)
0570-004-980
JCBカード インフォメーションセンター
  • 東京:0422-76-1700
  • 大阪:06-6941-1700
  • 福岡:092-712-4450
  • 札幌:011-271-1411
オリコカード オリコカードセンター ※居住地ごとに異なる
Yahoo!JAPANカード カスタマーセンター 0570-005040
エポスカード コールセンター 03-3381-0101
dカード dカードセンターもしくは
dカードゴールドデスク
  • dカード会員
    0120-300-360
  • dカード ゴールド会員
    0120-700-360
MUFGカード カスタマーズセンター 052-259-1761
セゾンカード インフォメーションセンター 0570-064-133

携帯代(スマホ代)の引き落としに間に合わなかった時の連絡先

キャリア名 連絡先 電話番号
docomo インフォメーションセンター
  • docomo携帯からの場合
    (局番なし)151
  • 一般電話からの場合
    0120-800-000
au 総合案内
  • au携帯からの場合
    (局番なし)157
  • 一般電話からの場合
    0077-7-111
Softbank カスタマーサポート
  • Softbank携帯からの場合
    (局番なし)157
  • 一般電話からの場合
    0800-919-0157
Y!mobile カスタマーセンター
  • Y!mobile携帯からの場合
    (局番なし)151
  • 一般電話からの場合
    0570-039-151
UQ mobile お客さまセンター 0120-929-818
mineo ユーザーサポート 0120-977-384
BIGLOBEモバイル インフォメーションデスク 0120-86-0962
LINEモバイル お客様サポート 0120-142-275
楽天モバイル カスタマーセンター 0800-6000-700
OCN モバイル ONE ビリングカスタマセンタ 0120-506-100
U-mobile カスタマーセンター 0120-992-449
Nifmo カスタマーサービスデスク 0570-03-2210
excite モバイル カスタマーサービスセンター 0570-783-812

各種ローンの引き落としに間に合わなかった時の連絡先

例えば、ゆうちょ銀行のローン(カードローン・マイカーローン・住宅ローンなど)を利用している場合。

残高不足で引き落としに間に合わなかったら、ゆうちょ銀行の取引店に連絡してください。
▶▶ゆうちょ銀行の店舗一覧

取引に電話をすると、オペレーターにつながります。

そして、オペレーターにつながったら「残高不足を起こしてしまい、ローンの引き落としに間に合いませんでした」と伝えましょう。

すると、オペレーターが支払い方法について案内してくれるので、それに従い支払いを済ませましょう。

ゆうちょ銀行の引き落としに間に合わなかった時に生じる問題

ゆうちょ銀行の引き落としに間に合わなかった場合、収納企業ごとに生じる問題が異なります。

ということで、クレジットカード・携帯(スマホ)・各種ローンの返済に遅れた時に生じる問題をまとめました!

クレジットカードの場合

クレジットカード利用代金の引き落としに遅れると、このような問題が生じます。

各問題の詳細は、下記の+ボタンをタッチすると表示されます。

1.遅延損害金

遅延損害金とは延滞金にあたるもので、引き落とし日(支払期日)を過ぎた時から発生します。

利用残高や滞納日数によって額がかわってきますが、下記の式で計算されます。

遅延損害金(円)=利用残高(円)×遅延損害金年率(%)÷365日×滞納日数(日)

遅延損害金年率はカード会社によって異なるので、正確な年率はカード会社の公式ページなどでご確認ください。

もしくはカード会社に電話をして、遅延損害金の額を確認しましょう。

2.利用停止になる

残高不足で引き落としができないと、クレジットカードの利用が停止されます。

限度額に達していなくても、利用できなくなります。
(ショッピング・キャッシングともに)

限度額に余裕があるはずなのに、カードが使えない(決済できない)場合は、滞納により利用停止になっている可能性があります。

3.催促が届く(ハガキ・電話)

カード会社への連絡を怠ったり、支払いをしないでいる(未納を続けている)と、催促が届きます。

ハガキや電話で届くことが基本ですが、滞納期間が長引いていると、自宅や勤務先に電話がくることもあります。

もし催促の連絡が届いたら、1日でも早く支払いを済ませましょう。

4.信用情報機関に記録される(CIC・JICC)

全国のクレジットカード会社は「信用情報機関」に加盟しています。

加盟している期間はCIC・JICCの2つ。

残高不足で引き落としができないと、その情報がCICとJICCに記録されます。

支払いに関する情報は最大で5年間のこってしまいます。

つまり、5年間は審査で不利になってしまう、ということです。

※以下、CIC・JICCに記録される情報をまとめた表です。

CICに記録される情報
情報の種類 情報の項目 保有期間
申込情報 ■本人を識別する情報

  • 氏名、生年月日、住所等

■申込内容に関する情報

  • 照会日、商品名、契約予定額等
照会日より
6ヶ月間
クレジット情報 ■本人を識別する情報

  • 氏名、生年月日、住所等

■契約内容に関する情報

  • 契約日、契約の種類、商品名、
    契約額、支払回数等

■支払い状況に関する情報

  • 残債額、入金額、入金履歴、
    異動(延滞など)の有無等
契約期間中
および
契約終了後5年以内
利用記録 ■本人を識別する情報

  • 氏名、生年月日、住所等

■利用した事実に関する情報

  • 利用日、目的、利用会社名等
利用日より
6ヶ月間
JICCに記録される情報
情報の種類 情報の内容 登録期間
本人を特定する情報 氏名、生年月日、住所、
勤務先、勤務先電話番号等
契約内容に関する情報等が
登録されている期間
契約内容に関する情報 契約の種類、契約日、貸付日
契約金額、貸付金額等
契約継続中及び
完済日から5年以内
返済状況に関する情報 入金日、入金予定日、
残高金額、延滞等
契約継続中及び
完済日から5年以内
取引事実に関する情報 債権回収、債務整理、
強制解約等
当該事実の発生日から
5年を超えない期間
申込に関する情報 本人を特定する情報 申込日から
6ヶ月以内
5.社内データに記録される

クレジットカード会社の社内データにも、情報が記録されてしまいます。

こちらは半永久的に記録が残ります。

マイナスの情報が残ったままだと、カードの利用に不都合が出る可能性もあるので、注意してください。
(限度額が下げられる、増額審査で不利になるなど)

携帯(スマホ)の場合

携帯電話・スマートフォンの利用代金の引き落としに遅れると、このような問題が生じます。

各問題の詳細は、下記の+ボタンをタッチすると表示されます。

1.遅延損害金が生じる

携帯・スマホの場合も遅延損害金(延滞金)が生じます。

携帯会社(キャリア)によって年率が異なりますが、14.5%前後に設定されているところが多いです。
(docomo・Softbankなど)

また、遅延損害金が生じるタイミングもキャリアによって異なります。

例えばdocomoの場合。

docomoは15日に再引き落としを行っていますが、再引き落としができなかった場合、翌日から遅延損害金が生じます。

auやSoftbankは再引き落としを行っていません。

そのため、引き落とし日の翌日から遅延損害金が生じます。

2.催促(請求書)が届く

再引き落としや振込をしないでいると、携帯会社から催促(請求書)が届きます。

書かれている内容は、「引き落としができていないので、指定期日までに支払ってください」というもの。

期日までに支払わないと、スマホの利用が停止になってしまいます。

3.滞納が続くと利用停止になる

催促(請求書)の期日までに支払わないと、スマホの利用が停止されます。

利用停止になるタイミングはキャリアによって異なりますが、滞納が2〜3週間続くと停止になることが多いです。

4.契約解除の予告ハガキが届く

滞納が1ヶ月ほど続くと(2ヶ月連続で引き落としができなかった場合)、契約解除の予告ハガキが届きます。

内容は催促(請求書)と似ていますが、今回は「契約解除になります」という内容になっています。

なので、期日までに支払わないと、契約解除(強制解約)の措置が取られます。

5.強制解約

滞納が1ヶ月半〜2ヶ月ほど続くと、強制解約になります。

一度強制解約になると、同じキャリアと再契約するのはかなり難しいです。

可能性はゼロではないものの、再契約のハードルはかなり高いです。

各種ローン(カードローンなど)の場合

各種rローン(カードローンなど)の利用代金の引き落としに遅れると、このような問題が生じます。

各問題の詳細は、下記の+ボタンをタッチすると表示されます。

1.遅延損害金

ローンの返済に遅れると、クレジットカードと同じように「遅延損害金(延滞金)」が発生します。

計算式はカードの時と同じです。

遅延損害金(円)=借入残高(円)×遅延損害金年率(%)÷365日×滞納日数

遅延損害金の額 や年率については、ローンを契約している金融機関にお問い合わせください。

2.利用停止になる

残高不足を起こして引き落としができないと、ローンの利用が停止されます。

例えばカードローンの利用が停止されると、限度額に余裕があっても追加融資が受けられなくなります。

利用を再開するには、滞納分+遅延損害金を支払う必要があります。

3.催促が届く(ハガキ・電話)

連絡を怠っている(支払いをしないでいる)と、金融機関から催促が届きます。

ハガキで届くケース・電話で届くケースがあります。

ハガキの場合は自宅に、電話の場合はスマホに届きます。

もし催促が届いたら無視せずに、1分1秒でも早く対応しましょう。

4.信用情報機関に記録される(CIC・JICC・KSC)

金融機関(銀行)は、3つの信用情報機関に加盟しています。

CIC・JICC・KSCの3つです。

クレジットカードと同じく、支払いに関する情報は最大で5年のこります。

CIC・JICC・KSCに記録される情報が次の通り。

CICに記録される情報
情報の種類 情報の項目 保有期間
申込情報 ■本人を識別する情報

  • 氏名、生年月日、住所等

■申込内容に関する情報

  • 照会日、商品名、契約予定額等
照会日より
6ヶ月間
クレジット情報 ■本人を識別する情報

  • 氏名、生年月日、住所等

■契約内容に関する情報

  • 契約日、契約の種類、商品名、
    契約額、支払回数等

■支払い状況に関する情報

  • 残債額、入金額、入金履歴、
    異動(延滞など)の有無等
契約期間中
および
契約終了後5年以内
利用記録 ■本人を識別する情報

  • 氏名、生年月日、住所等

■利用した事実に関する情報

  • 利用日、目的、利用会社名等
利用日より
6ヶ月間
JICCに記録される情報
情報の種類 情報の内容 登録期間
本人を特定する情報 氏名、生年月日、住所、
勤務先、勤務先電話番号等
契約内容に関する情報等が
登録されている期間
契約内容に関する情報 契約の種類、契約日、貸付日
契約金額、貸付金額等
契約継続中及び
完済日から5年以内
返済状況に関する情報 入金日、入金予定日、
残高金額、延滞等
契約継続中及び
完済日から5年以内
取引事実に関する情報 債権回収、債務整理、
強制解約等
当該事実の発生日から
5年を超えない期間
申込に関する情報 本人を特定する情報 申込日から
6ヶ月以内
KSCに記録される情報
情報の種類 情報の内容 登録期間
取引情報 ローンやクレジットカード等の
契約内容とその返済状況
(入金の有無、延滞・代位弁済・
強制回収手続等の事実を含む)の履歴
契約期間中および契約終了日
(完済されていない場合は完済日)
から5年を超えない期間
照会記録情報 会員がセンターを利用した日、
ローンやクレジットカード等の
申込み・契約の内容等
当該利用日から、本人開示の対象は
1年を超えない期間、
会員への提供は6か月を
超えない期間
不渡情報 手形交換所の第1回目不渡、
取引停止処分
第1回目不渡は当該発生日から
6か月を超えない期間、
取引停止処分は当該処分日から
5年を超えない期間
官報情報 官報に公告された破産・
民事再生手続開始決定等
当該決定日から
10年を超えない期間
本人申告情報 本人確認資料の紛失・盗難、同姓同名
別人の情報がセンターに登録されており
自分と間違えられるおそれがある旨等の
ご本人からの申告内容
登録日から
5年を超えない期間
5.社内データに記録される

クレジットカードの時と同じく、金融機関の社内データに情報が残ります。

半永久的に残ってしまうので、各種ローンの利用や審査に悪影響が出る可能性があります。

まとめ

  • ゆうちょ銀行の引き落としは一日2回行われる
  • 一回目は9時
  • 二回目は21時
  • 即時引き落としが行われる店舗もある
  • 当日入金でも引き落としに間に合う
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました